振袖で華やかさをプラスする【どんなシーンにも対応できる】

レンタルは早めに

振袖

知っておくとよい情報

振袖は未婚女性にとって、最も格式が高いとされている和装のことです。袖が地面につくほど長いのが特徴で、現代の日本では成人式、大学などの卒業式、結婚式の参列時などに着ることがあります。振袖は購入する人、レンタルする人、母親や祖母などの振袖を着用する人など様々です。特におさがりや思い入れがない人の場合、レンタルを利用することが多いでしょう。購入しても結婚式の参列時など、何回か着る機会はありますが、毎回同じ振袖というのも芸がないですし、結婚すると振袖は着られなくなってしまうため、意外と楽しむ機会が少ないためです。また、保管にも場所や手間、費用がかかるので、現代の住宅事情だと難しいという側面もあります。振袖をレンタルするときは、早めの手配が非常に重要です。特に成人式はみな1月に行うのでタイミングが重なっており、平均して1年半前には予約をしている人が多いほどです。大学などで一人暮らしをしている人も多いので、高校卒業と同時に振袖を予約していくという家庭も多いです。成人式を迎える年度にレンタルを考えても、気に入る柄がないという可能性もあるので、こだわりたいという人はとにかく早めに行動することを意識しておきましょう。といっても本人はまだ子供気分であることが多いので、親がその点は意識しておかねばなりません。また、前撮りや後撮りなど、写真撮影を考えている時も、早めの手配を意識しておきましょう。当日でもいいですがかなりあわただしくなることは覚悟しておかねばなりません。